ホーム > 勉強クラブって? > 教務スタッフ

教務スタッフ

私たちが“大切なお子さまの”の授業を担当します。

 お子さまの成績を上げるためには、良質な授業を実現しなければなりません。テキストや授業資料の使い方、的確な発問の仕方から効果的な板書方法などまで、教壇に立つ前に私たち講師自身が学ぶべきことはたくさんあります。“先生”と呼ばれるにふさわしい技術の習得(鍛錬)は、何より、“大切なお子さま”をおあずかりするという強い責任意識から生じるものです。当塾では、日々研鑽をかさねる専任講師(正社員教務スタッフ)が中心となって授業を担当いたします。

実際に教壇に立って授業をしている教務スタッフの顔ぶれ。

塾長 深谷 仁一

【塾長】 深谷 仁一 (早大)
 考えてみる。ちょっと前に進んでみる。失敗するかもしれない。失敗したら立ち止まってじっくり思案してみる。うんと悩むのもいいだろう。でも決してくじけない。工夫してみる。深く考えてみる。そしてまたちょっとだけ前に進んでみる。精一杯の思いでチャレンジした貴重な体験は、そのすべてがキミの人生の糧になる。絶対に……。

副塾長/個別指導部長 金城 正樹

【副塾長/個別指導部長】 金城 正樹 (早大)
 勉クラの塾生だった当時(私はまさにここの卒業生なんです)から、勉クラは塾でありながら学校以上に“学校的な塾だ”という印象をもっていました。本質に関わる部分をとても大事にし、小手先の詰め込み学習ではなく、“学ぶ”ということの本来の楽しさが体験できる場所。
 母校の教壇に立った今、私は、その指導理念のDNAをしっかりと引き継いでいきたいと考えています。

数学科主任 深谷 文章

【数学科主任】 深谷 文章 (東京理科大)
 子供たちの今は、「よりよい大人になる」「生きる力を身につける」ための研修時期です。数学では、計算問題、文章題、図形の証明などができることは、それ自体、確かに「力」です。これらの学習の中で、考えることや工夫すること、時には我慢も必要であったり、ひとに質問することや自分の考えを表現することもあります。
 学習の成果を上げること以上に、学習する過程や受験という機会を利用して子供たちに「よりよい大人になる」ための力を身につけさせる、その支援こそが、私たち大人の責任と考えています。

理数科主任 鈴木 恵二

【理数科主任】 鈴木 恵二 (上智大)
 遊んでてもひとりでに成績UPする方法があったらいいのですが、なかなかそんなふうにはいきません。つらくて面倒に思える勉強。でも、本当は、わからないことがわかったり、知らなかったことを知ったりするのはとても楽しいものです。みんなで一緒にやると頑張れたりするものです。勉強の楽しさが実感できるような授業作りに努めていきたいと思います。

英語・国語科/統括主任 小笠原 功樹

【英語・国語科/統括主任】 小笠原 功樹 (立教大)
 キミたちの「勉強つまらない…」が「勉強面白い!」に変わる瞬間を作り出したい、それが私のモットーです。授業の中で、そんな瞬間が多く創出できたら素敵だなあと思います。知識を闇雲につめこむだけではたいていの勉強は「つまらない」まま終わってしまいます。ものごとの「なぜ?」にこだわり、その疑問の解決のみちすじのなかにこそ、「面白い!」はひそんでいるものです。いっしょに、面白く学んでいきましょう。

理科主任 佐藤 俊介

【理科主任】 佐藤 俊介 (千葉大)
 勉強することは好きですか?キライですか?「何でこんなことをしなければならないんだろう」と思っている人も多いと思います。確かに、教室の中で学ぶことが、そのまま実生活のなかで活かせるとはかぎりません。しかし、勉強は、君たちの人生をより輝かせるための大きな背景となるはずだと、私は信じています。一緒にがんばりましょう。

英語科講師 金子 政嗣

【英語科講師】 金子 政嗣 (神田外語大)
 私は、かつて、当塾の塾生でした。勉クラの先生はいつも私の「なんで?」を「わかった!」にしてくれました。勉強しているときの「わかった!」は何物にもかえがたいものです。そんな私も今は「なんで?」に応える側の人間になりました。生徒の皆さん、授業にたくさんの「なんで?」を持って来てください。そしてひとつでも多くの「わかった!」を持って帰ってください。

数学科主任 工藤 謙

【数学科主任】 工藤 謙 (法政大)
 「なんでそうなるんだろう?」という疑問は、物事を考える大きな原動力になります。そして、その疑問が解決したときの発見や驚き、「あ、そうか!」という感動が大きければ大きいほど、その体験はしっかりと自分のものとして身につきます。何にでも興味をもって疑問を抱くことが自分を大きくふくらませるためのコツです。

英語科主任 真下 浩二

【英語科主任】 真下 浩二 (東大)
 何かに一生懸命な人の目は、輝いています。たとえ暗闇の中にいてもがいていても、わずかな光を見つけ目を向けるからです。勉強クラブには、そんなキラキラした目の持ち主がたくさんいます。どんなやり方でもいい、自分なりの方法で「わかった!」という経験をたくさん積み上げていきましょう。お手伝いしていきたいと思います。

英語/国語担当 吉田 敏彦

【英語/国語担当】 吉田 敏彦 (上智大)
 「わかった!あの、おはぎを食べる、おヒガンだ!」
 『彼岸』の読み方にとまどっていた小5のKさんは、「漢字には音読みのヒントが隠れている」と聞き、「皮」は「皮ふ科」のヒだから「彼」もヒと読むかも、とひらめいたのです……Kさんが「形声文字の仕組み」を把握した瞬間。それからしばらくは、形声文字の共通音を見つけてはうれしそうに報告に来る日々が続きました。「わかった!」という声が花咲く教室、私はそんな授業をめざしています。

PageTop